Orthodontics 矯正について

About Orthodontics矯正について

  • 子どもの矯正歯科

    小児矯正

    お子さんの場合は、歯並びが気になると思ったタイミングで一度ご相談ください。
    歯列矯正は大人になってからでも十分できますが、子どもの時期から矯正を行うことによって、より理想的な状態に治療できることがあります。

    大人は顎骨の成長がすでに終わってしまっているので歯を動かすことが目的の矯正になってしまいますが、お子さんは成長段階にあることから、ある程度顎の成長をコントロールしながら、成長に合わせた矯正治療を行うことができるためです。

  • 大人の矯正歯科

    成人矯正

    前述したとおり、健康な歯と歯茎があれば、ご高齢であっても年齢に関わらず始めることができます。
    歯並びが良くなることで、心身ともに良いメリットを得られます。健康面では、歯みがきがしやすくなることでむし歯や歯周病の予防に繋がります。また、笑顔に自信が持てることで物事に対して明るく積極的になれることや、就職やお仕事などで対面する際に相手に与える印象を良くするといった効果があります。

Features当院の矯正治療の特徴

  • 矯正治療は大学病院に勤務する日本矯正歯科学会 矯正認定医が担当します01

    Features矯正治療は大学病院に勤務する日本矯正歯科学会 矯正認定医が担当します

    矯正治療を担当する歯科医師は、東京医科歯科大学 歯学部付属病院で矯正歯科治療の臨床に携わり、現在は東京医科歯科大学で教鞭を取り、次世代の矯正歯科医師の教育も行なっております。
    また、日本矯正歯科学会 認定医の資格を有しております。日本矯正歯科学会 認定医制度は1990年に創設されたもので、学会が認めた大学病院・矯正歯科医療機関にて5年以上の臨床経験を有し、学会発表や審査に合格した者のみに与えられる資格です。
    長年矯正歯科医療に携わってきた知識と経験を活かし、おひとりお一人に快適に噛めて美しい口元に導きます。

  • 他のクリニックで「難しい」と言われた方もご相談ください02

    Features他のクリニックで「難しい」と言われた方もご相談ください

    大学病院には専門性の高い症例で悩む患者さんが多くいらっしゃいます。当院の矯正担当医はそうした専門性の高い症例も含めた臨床経験がありますので、もし他のクリニックで治療が難しいと言われた方も、治療ができる可能性があります。諦めてしまわずに、どうぞ当院にご相談ください。

  • 患者様の要望も伺いながら、矯正装置をご提案します03

    Features患者様の要望も伺いながら、矯正装置をご提案します

    当院では、一般的なワイヤー矯正のほか、マウスピース矯正、お子様から大人の方まで症例に合わせた矯正装置を取り扱っています。また矯正装置が「目立たないようにしたい」という患者様のご要望なども伺い、症例に対応できるかも考慮しながら最適なものをご提案いたします。

  • 院内ですべて一貫して治療が行える04

    Features院内ですべて一貫して治療が行える

    矯正歯科治療だけを行なう歯科医院の場合、抜歯が必要な症例や、むし歯や歯周病になってしまったときは別の歯科医院を受診しなければなりません。
    当院は一般歯科、歯科口腔外科も行なっておりますので、必要な治療はすべて院内で行うことができます。

  • 矯正用セファロ撮影装置05

    Features矯正用セファロ撮影装置

    矯正治療時に正確な診断・経過確認のため、特殊な規格の顔面骨格のレントゲン写真を撮影できます。より良い仕上がりを追求しながら治療を進めていきます。

Method / device type矯正方法・装置の種類

  • ワイヤー矯正

    オーソドックスな矯正方法で、歯を綺麗に並べる力が強く、幅広い症例に対応できます。
    ブラケットと呼ばれる四角形の装置を歯に取り付け、ブラケットを繋ぐようにワイヤーを通し、ワイヤーが引っ張る力で歯並びを整えます。
    しかし、適用範囲が広いものの、お口の中で目立つことが気になる方が多い方法です。
    そこで当院では、金属の他に、歯の色になじむ半透明のブラケットや、白色のワイヤーもご用意しております。

  • マウスピース矯正(主に成人)

    ワイヤー装着に抵抗がある方には、マウスピース矯正がおすすめです。
    口周りと顔貌写真撮影を行い、そのデータを基に薄い透明のマウスピースを製作します。
    マウスピースの圧力により歯並びを整えます。なお、マウスピースは数週間ごとに新しくし、決められた時間に装着していただきます。
    自由に取り外しができるため、食事や歯みがきのストレスが少ないことが大きなメリットです。

  • 床矯正(主に小児)

    歯の裏側につけることで、歯が並ぶスペースを確保する装置です。抜歯が必要なく、取り外し可能で歯みがきもしやすいです。
    デメリットとしては、発音しにくいといった場合があります。

  • トレーナー矯正(主に小児)

    樹脂製のマウスピースを決められた時間に着用し、歯や顎の成長を正常に誘導する装置です。
    使用できる症例に限りがありますが、抜歯が必要なく、取り外し可能で歯みがきもしやすいため、お子さんの負担が少なく済みます。